古い楽器の処分方法|ピアノ 買取サービスを活用!大きなピアノを高額査定させよう
レディー

ピアノ 買取サービスを活用!大きなピアノを高額査定させよう

古い楽器の処分方法

ピアノ

廃棄せず売却する

今や音楽活動に必須とも言えるシンセサイザーですが、技術の進歩に伴い次々と新製品が発売されています。昔の機種に比べると今の機種は音もリアルで高音質、様々な機能も搭載されています。ボディも鉄などが主流だった時代から、丈夫なプラスチックへと変化し軽量化され価格もリーズナブルになっています。そんなシンセサイザーですが、不要になった機種の最もスタンダードな処分方法が買取です。中古の楽器買取店やオークションなどで買い取ってもらうのが一般的となっています。廃棄する場合、シンセサイザーは大きさがあるので、一般ゴミでは廃棄できず粗大ゴミとなります。そうなると廃棄料金もかかり、ユーザーの負担になります。古い機種で多少の不具合があっても、修理すれば再度使える場合も多くあるので、買取に出すのがベターと言えるでしょう。

中古市場が人気の理由

シンセサイザーは他の電気製品に比べて、中古市場が大人気です。パソコンや電化製品などは基本的に古い機種よりも最新機種に人気があり、生産終了した製品はほとんど価値はありません。しかしシンセサイザーに関しては20年や30年前の機種に関しても「ビンテージ」という扱いを受け、高値で売られていたりします。そのため昔の人気機種だったものを買取に出すと非常に高値で売れることも珍しくありません。その一番の理由はシンセサイザーの「音色」です。古い機種は操作が難しかったり、故障しやすかったりとデメリットも多くあるのですが、それを踏まえても古い機種にしか出せない「音」を求めてミュージシャンがビンテージシンセサイザーを求めているのです。